FC2ブログ
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年3月11日午後2時46分ごろ、東北・関東地方で強い地震がありました。地震の規模を示すマグニチュード(M)は、9.0でした。

今回の地震のエネルギーは1923年の関東大震災の約45倍、95年の阪神大震災の約1450倍。1900年以降に起きた地震では、60年のチリ地震(M9.5)、64年のアラスカ地震(M9.2)、2004年のスマトラ沖地震(M9.1)に次ぎ、1952年のカムチャツカ地震(M9.0)と並ぶ第4位の規模になります。(「東日本大震災はM9.0 M7級の余震、発生確率70%」(asahi.com:2011年3月13日17時11分)。



1.報道記事を幾つか。

(1) 朝日新聞平成23年3月12日付朝刊1面

東日本大震災 M8.8世界最大級、沿岸に大津波
2011年3月12日2時35分

 11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とする大地震があり、宮城県栗原市で震度7を観測した。北海道から九州にかけての広い範囲で震度6強~1の揺れと、津波に見舞われ、死者・行方不明者は東北を中心に850人を超えた。地震の規模を示すマグニチュード(M)は8.8で、記録が残る1923年以降国内で最大。昨年2月のチリ大地震(M8.8)に匹敵する世界最大級の地震になった。

 震源は宮城県・牡鹿(おしか)半島の東南東約130キロ、深さ約24キロ。専門家によると、今回の地震エネルギーは関東大震災の約30倍、阪神大震災の約1千倍に相当するという。

 警察庁によると、この地震による死者は12日午前1時現在、宮城、福島、東京などの1都8県で133人、行方不明者は530人。これとは別に、仙台市若林区で津波による200~300人の水死とみられる遺体が見つかっている。

 気象庁は地震発生から約4分後の午後2時50分ごろ、岩手、宮城、福島県に大津波警報(高さ3メートル以上)を発令した。各沿岸での最大波は、福島県相馬市で7.3メートル以上(午後3時50分)、茨城県大洗町で4.2メートル(同4時52分)、岩手県釜石市で4.1メートル以上(同3時21分)だった。宮城県気仙沼市では、沿岸での高さは不明だが、沖合では6メートル(同3時14分)の波が観測された。

 気象庁によると、12日午前0時現在、北海道から高知県の太平洋側を中心に18地域で大津波警報が出ている。同庁は今回の地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名した。

 11日午後3時15分ごろには、茨城県沖を震源とするM7.3の地震も発生。政府の地震調査委員会は同日夜、「震源域は岩手県沖から茨城県沖までの広範囲にわたる。これらすべてが連動して発生する地震は想定外だった」との見解を発表した。

 総務省消防庁や警察庁によると、津波の被害は、岩手、宮城、福島、茨城、青森の5県に及び、多数の死者、行方不明者が出ている。

 仙台市では、津波で海岸線の多数の民家が流された。水死と見られる200~300の遺体が発見された仙台市若林区では、海岸から10キロ離れた区役所まで津波が襲来。石巻市でも住宅10棟が流出。気仙沼市では、JR気仙沼駅周辺など市中心部が広い範囲で燃えている。防衛省によると、東西4.5キロ、南北2.5キロの範囲に及び、午後11時55分現在でさらに拡大している模様だという。

 岩手県大船渡市の末崎町細浦地区は、津波で地区全体が流され、壊滅状態だという。同市三陸町の綾里地区と越喜来浦浜地区でも、計300棟以上が崩壊または流出。綾里地区では48人の行方が分からないという。JR東日本によると、同市内を走っていた大船渡線の列車(2両編成)と、津波後に連絡が取れなくなっている。宮古市周辺では10カ所以上の集落が全壊した。陸前高田市も四つの地域が水没した。

 福島県相馬市では、海岸線で土砂崩れがあり、行方不明者が多く出ている。防衛省によると、南相馬市では約1800世帯が壊滅状態。宮城県に接する新地町でも住宅414棟が全壊。富岡町でも、海沿いの数百戸やJR富岡駅も津波で倒壊。青森県八戸市では津波被害が甚大で、詳細が把握できない状態だという。茨城県大洗町では町中心まで津波が達した。

 このほか、宮城県利府町ではジャスコ利府店で天井の空調設備が崩落し、子どもが下敷きになり死亡。福島県では、老人ホームで5人が死亡したという情報がある。」



(2) 毎日新聞 2011年3月12日 東京朝刊1面

地震:東北で巨大地震 大津波、死者・不明多数 M8.8、国内空前

 ◇宮城震度7

 11日午後2時46分ごろ、東北地方で非常に強い地震があり、宮城県栗原市で震度7、仙台市や宇都宮市で6強、東京都心でも5強など、北海道から九州の広い範囲で震度6弱~1の揺れを記録した。気象庁によると、震源地は宮城県・牡鹿半島の東南東約130キロで、震源の深さは約24キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は国内の観測史上最大の8・8と推定される。津波は福島県・相馬港で7メートル以上を観測するなど、全国の太平洋側のほぼ全域に襲来、最大で10メートル以上に達したとみられる。死者は数百人に上る可能性がある。気象庁は「三陸沖でこれほどの地震が起きるとは想定外だった」と説明している。

 政府は緊急災害対策本部を設置し、自衛隊などの派遣を決定。菅直人首相は記者会見し「政府として総力を挙げて取り組んでいく」と表明した。気象庁は「平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震」と命名した。

 余震も相次ぎ、午後3時15分ごろに茨城県沖でM7・4の地震が発生し同県鉾田市で震度6弱、北海道から九州南部で震度5強~1を観測。有感の余震は12日午前0時現在、100回を超えた。

 気象庁によると、12日午前0時現在、各地で観測された津波は岩手県釜石市沖6・8メートルなどだが、観測機器の故障で最大の津波が観測できていない可能性が高い。

 気象庁の横山博文・地震津波監視課長は記者会見し、「震度6弱程度の余震が1週間以上続くとみられる。津波も警報解除までに1日程度はかかる可能性がある」と警戒を続けるよう呼びかけた。

 ◇仙台沿岸300人遺体 気仙沼市内全域で火災

 毎日新聞のまとめによると、12日午前0時半現在で、死者は少なくとも138人、行方不明者は531人に上る。重軽傷者は627人。都県別の死者は岩手57人▽福島42人▽宮城20人▽茨城、千葉5人▽東京4人▽青森2人▽神奈川、栃木、群馬1人。福島県内の消防によると、津波によって沿岸部の住宅密集地で約300人が安否不明になっているという。宮城県警によると、仙台市若林区荒浜で200~300人の水死体が見つかった。名取市消防本部によると、市内の沿岸部でも遺体が見つかっている。

 宮城県気仙沼市などによると、市内では午後6時半ごろから火災が発生し市内全域に延焼。JR気仙沼駅と島部の大島地区で火災の規模が大きいとの連絡があり、陸上自衛隊員を派遣している。岩手県災害対策本部などによると、大船渡市三陸町の福祉施設「三陸の園」では30人が流された。宮城県石巻市では住宅10棟が流された。

 茨城県鉾田市と行方市を結ぶ国道354号の鹿行大橋は津波で倒壊し、走行中の乗用車が川に転落した。

 福島県南相馬市では老人ホーム1棟が倒壊した。職員と入所者計約200人のうち多数ががれきの下敷きになり、十数人が生き埋めになった。同県・白河では土砂崩れが起き、5世帯8人が生き埋め。仙台市内では4人が生き埋めになった。

 ◇原子炉圧力上昇--福島第1

 東京電力によると、今回の地震の影響で、福島第1原発1号機の原子炉圧力が上昇していることが分かった。原因を調べている。

 炉内の圧力が高まると格納容器が損傷を受ける。このため、同社は炉内の圧力を外部に逃がす操作の実施を検討している。

 実施すると、放射性物質が外部に出る恐れがある。

【関連記事】
地震:市街地は水没 各地壊滅
地震:長野・栄で震度6弱=午前4時32分
地震:長野・栄で震度6強=午前3時59分
地震:東北地方で強い揺れ 宮城栗原市で震度7
地震:東北で巨大地震 死者数百人か

毎日新聞 2011年3月12日 東京朝刊」



(3) 東京新聞平成23年3月12日付朝刊

東北・関東大地震 仙台で10メートル津波 首都圏の機能マヒ
2011年3月12日 朝刊

 首都圏では茨城、栃木両県で最大震度6強を観測し、十一日午後十一時五十分現在の本紙のまとめでは、崩落した建物の下敷きになったり、津波に巻き込まれたりするなどして一都六県で十六人が死亡、十一人が行方不明、四百七十人以上がけがをした。停電や断水が大規模に発生。一時、JRや私鉄、地下鉄が全面的に運転を中止し、高速道路も全面通行止め、羽田、成田の両空港も全面閉鎖した。

 夜にかけて一部が復旧したが、首都圏の交通はほぼマヒ。関東周辺の主要駅に約二万五千人が一時足止めされた。

 各都県や警察庁などのまとめでは、死亡は千葉で五人、東京、茨城で各四人、神奈川、栃木、群馬で各一人が確認された。行方不明は茨城で六人、千葉で三人、栃木で二人で、津波に巻き込まれるなどした。建物は七百十戸以上が全半壊したり、一部が損壊したりした。

 津波は、茨城県大洗で午後四時五十二分に四・二メートル、千葉県銚子で同三時三十七分に二・二メートルを記録。茨城県ひたちなか市では、海岸から二百五十メートル内陸の県立海洋高校が水没し、沿岸線が液状化状態になっている。

 茨城県東海村の常陸那珂火力発電所では、周辺道路の多数の車両火災のため、従業員ら約六百人が敷地内に取り残されている。

 東京都千代田区の九段会館では天井が崩落し、五十代の女性二人が死亡、約三十人がけがをした。茨城県高萩市では接骨院が倒壊、三人が下敷きとなり、女性(86)が死亡。千葉県山武市では男性(80)が津波に巻き込まれ死亡し、旭市でも高齢女性が屋外で水死しているのが見つかった。

 千葉県市原市のコスモ石油千葉製油所で大規模な火災が発生。一人が全身やけどで重傷となり、消火活動が依然続いている。

 栃木県下野市の国分寺中学では、体育館の天井から石こうの板がはがれ落ち、館内の生徒二十六人が頭などに軽傷。

 茨城県内では家屋の八割以上が停電した。県内の原子力施設では、原子炉二基が安全に自動停止。十七事業所で異常がないことを確認した。

 羽田空港は午後四時過ぎに復旧、成田空港は同七時半に出発便に限って再開した。夜に入り、鉄道は東京駅発の東海道新幹線が本数を減らして運行し、京王や東急など私鉄、地下鉄の一部も再開された。」





2.東北・関東大地震は、福島第一原子力発電所にも影響を与えており、原子炉内の冷却機能が失われた結果、1号機、3号機と次々と爆発を起こしています。

(1) 毎日新聞 2011年3月13日 東京朝刊1面

東日本大震災:福島原発で爆発 国内初の炉心溶融 半径20キロ避難指示

 ◇「第1」1号機

 国内観測史上最大のマグニチュード(M)8・8の東日本大震災に見舞われた東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋(たてや)で12日午後3時36分ごろ、爆発音とともに白煙が上がり、建屋の壁と天井部分が失われた。この事故で東電社員ら4人が負傷、敷地では通常と異なる放射線量が検出された。同日午前には1号機から放射性物質の漏えいが確認され、さらに国内初の炉心溶融も発覚した。巨大地震に遭った原発で、未曽有の事態が次々と発生した。地震大国で最も恐れられる「原発震災」。同日夜、炉心溶融を食い止めるため海水が炉心に注入されたが、純水の代わりに塩分を含んだ海水を使うため施設への打撃は大きく、廃炉の可能性もある。

 ◇官房長官「格納容器損傷なし」

 今回の事態を踏まえ、周辺の住民は、福島第1原発から半径20キロ圏、福島第2原発から半径10キロ圏からの避難を求められた。該当する市町村は富岡町、大熊町、双葉町、広野町、楢葉町、浪江町、田村市、南相馬市、葛尾村、川内村で、約2万5000世帯の約7万人が住んでいる。

 福島第1原発1号機では、原子炉を覆う鋼鉄製の格納容器は鉄筋コンクリートでできた原子炉建屋内にある。

 爆発の原因について、経済産業省原子力安全・保安院は「炉心で発生した水素が格納容器の配管から漏れ出て、水素爆発を起こした」との見方を示した。その結果、建屋は壊れたが、格納容器は損傷していないという。

 放射性物質は大量には漏れ出ていない。放射性物質を測定するモニタリングデータによると、爆発直前の放射線量は1015マイクロシーベルトで、これは1年間に一般人が浴びる許容量を1時間で超える値だった。だが爆発後は、午後3時40分で860マイクロシーベルト、同6時58分で70・5マイクロシーベルトと減少。保安院は「炉心溶融が進行しているとは考えていない」との見方を示した。枝野幸男官房長官は「格納容器は破損していない。冷静に対応してほしい」としている。

 一方、今回の爆発は、炉心の水位が低下、燃料棒が露出して起きる炉心溶融によって、燃料棒が高熱になったことでもたらされた。海江田万里・経済産業相は東京電力に1号機の原子炉を海水で満たすよう指示。東電は午後8時20分に着手した。純水ではなく塩分を含む海水を原子炉に使うと、さびやすくなることなどが理由となって廃炉になる可能性も出てくる。また、万が一、再臨界が起きるのを防ぐため、中性子を吸収して核分裂反応を抑えるホウ酸を用いた。

 これに対し、東電の小森明生常務(原子力・立地副本部長)は12日夜の記者会見で「通常と異なる過程で原子炉建屋の上方が開放された。言葉として爆発だった」と認めたが、原因については「会社として水素爆発だったと言えるだけの議論はしていない」と述べるにとどめた。

==============

 ■ことば

 ◇福島第1原発


 東京電力初の原発として計画され、1号機が1971年3月、営業運転を始めた。福島県大熊町と双葉町にまたがる約350万平方メートルの敷地に、現在6基の原子炉が稼働する。燃料の核分裂反応によって生じた熱で水を沸騰させ、そこから生じた高温の蒸気でタービンを回して発電する「沸騰水型原子炉」で、総発電量は約470万キロワット。1号機は今年、営業運転開始からちょうど40年を迎える「高経年化原発」だ。

 ◇炉心溶融

 原子炉内の温度が上がりすぎ、冷却機能が失われた結果、燃料が融解、破損すること。想定される事故では最悪の事象で、重大な原子力事故につながる危険がある。米国では1979年のスリーマイル島原発事故で大規模な炉心溶融が発生した。

【関連記事】
社説:東日本大震災 原発制御に全力尽くせ
東日本大震災:政府 激甚災害指定の政令を閣議決定
東日本大震災:中国のネット 日本人の対応「冷静」と絶賛
東日本大震災:死亡し身元が判明した皆さん
東日本大震災:死者・不明1700人超=12日午後11時

毎日新聞 2011年3月13日 東京朝刊」



(2) 毎日新聞 2011年3月14日 東京夕刊

東日本大震災:福島第1原発また爆発 3号機、建屋吹き飛ぶ 6人けが

 ◇住民屋内退避指示

 東日本大震災の被災地では14日も、被災者の救出作業が続いている。毎日新聞のまとめでは、14日正午現在、死者は2900人超に上り、行方不明は2万人。東京電力福島第1原発3号機では午前11時ごろ、1号機と同様の水素爆発が発生し、6人がけがをした。東京電力が実施すると発表していた計画停電は、供給能力が想定より増えたことや需要が低く抑えられたなどの理由で、午後0時半現在実施されていない。ただ、東電の説明が途中で変更されるなど、対応は混乱している。

 経済産業省原子力安全・保安院は14日、東日本大震災で緊急停止した東京電力福島第1原発3号機で午前11時1分、1号機と同様に水素爆発が起きたと発表した。原子炉建屋(たてや)の上部外壁が吹き飛んだとみられる。東電によると、社員4人、協力会社2人の計6人がけがをした。いずれも意識はあるという。保安院によると、原子炉内の水位低下で露出した燃料棒が過熱して溶け、大量の水素が発生し、空気中の酸素が反応するなどして爆発したとみられる。現場には西ないし南西から風が吹いている。原発の半径20キロ以内には住民約500人が病院などに残っているとみられる。被ばくを避けるため、保安院は屋内退避を呼び掛けた。

 東電によると、爆発後の午前11時44分、第1原発正門で、1時間あたり20マイクロシーベルトの放射線量が計測された。枝野幸男官房長官は爆発後に記者会見し、「現地の(原発)所長と直接電話で話をしたが、(原子炉のある)格納容器は健全という認識で、放射性物質が大量に飛び散っている可能性は低い。注水は継続され、圧力も一定の範囲内にある」と格納容器に異常はないとの認識を示した。

 保安院によると、原子炉格納容器の圧力は14日午前5時ごろ、365キロパスカルアブソルート(耐圧の単位)だったが、同6時50分に530まで高まった。地震後最高値で、設計上の最高圧力をわずかに超過した。保安院は「設計値には余裕があり、直ちに爆発の危険はない」と説明。その後、圧力も約500に下がったとしていた。一方で、建屋内の水素圧力も高まったため壁の一部を外す検討を始め、作業員を一時退避させていた。

 3号機の燃料は上部約2メートルが冷却水から露出し、燃料棒が溶ける「炉心溶融」が続いたとみられ、注水の方法に問題があったことが危機的な状況を招いたという。【山田大輔】

【関連記事】
東日本大震災:ロシアから救助隊75人、今夕にも
東日本大震災:鉄道会社も困惑…計画停電
東日本大震災:東北電力も計画停電へ
東日本大震災:韓国が救助隊員102人追加派遣
東日本大震災:計画停電 第4グループも開始せず

毎日新聞 2011年3月14日 東京夕刊」



(3) asahi.com:2011年3月14日13時22分

福島第一原発3号機で水素爆発 屋内待避呼びかけ
2011年3月14日13時22分

 東日本大震災で被害を受けた東京電力の福島第一原子力発電所(福島県大熊町)の3号機で14日午前11時ごろ、大きな爆発が起きた。経済産業省原子力安全・保安院によると、水素爆発が起きたことを確認した。保安院は、原子炉が入っている圧力容器、それを覆う鋼鉄製の格納容器のいずれも、損傷した可能性は低いとみている。保安院は、20キロ圏内にいる住民に建物内に避難するよう要請した。東電によると、少なくとも11人が負傷しているという。

 今回の爆発は、12日に1号機で建屋が吹き飛んだ爆発と同種とみられる。枝野幸男官房長官は14日午後0時40分からの記者会見で「格納容器の健全性は維持されていると思われる」とした上で、周辺の放射線量のデータに大きな変化は確認されておらず、「放射性物質が大量に飛び散っている可能性は低い」と述べた。

 同原発で運転中だった1~3号機は地震後、原子炉を冷やす緊急炉心冷却システムが停止。3号機では、炉内の圧力や水位が不安定な状態が続き、燃料棒が一時露出するなどして爆発をしやすい水素が発生していたとみられる。13日午後からは、炉内に海水を注入して冷却を試みていたが、その最中に爆発は起きた。

 12日に1号機で起きた爆発では、損壊は原子炉建屋にとどまり、格納容器と圧力容器に異常は確認されていない。保安院は、今回の爆発も原子炉建屋にとどまっているとみている。

 保安院によると、20キロ圏には、少なくとも約600人の住民がいるとみており、屋内への避難を要請した。

 東電によると、圧力容器、格納容器とも壊れていないことを確認しているという。周辺で中性子線は確認されていないとしている。

 原子炉は、内側から圧力容器、格納容器、原子炉建屋の「壁」で守られている。ただ、圧力容器や、格納容器が壊れると、チェルノブイリ事故に匹敵する重大事故となる。」




3.東北での被害とは比べものにはならないのですが、今回、関東に住む立場としては、同じく被害を受けた立場であり、こうした被害の事実に対しては、何か論評する気にはなれません。日々、余震が続いており、朝起きた時、何か船酔いした気分です。ですので、記事を記録として引用しておくにとどめたいと思います。ただ、制御しきれずに原子力発電所の爆発が生じてしまったことからすれば、地震国日本では原子力発電所は無理なのだろうと漠然と感じます。

今回の大地震により、被災地は表現しえないほどの悲惨な結果をもたらしています。3月14日現在で警察庁の発表によると地震による死者は4000人を超えています。しかも報道によると安否が分からない人は2万人を超えています。今現在、多様な救いの道を必要としているのです。

こうした状況に対して必要としているのが政府の対応です。しかしながら、菅直人は、連日、記者会見していましたが、一体、何をしたいのでしょうか?

 「今回の地震で、呆れあきれ返ったのが政府の対応の遅さだ。菅首相が国民向けメッセージを発したのは発生から30時間以上たった12日の夜8時半すぎ。昨夜もTVで国民に節電を訴えたが、いずれも質疑応答はなく、「国民の力で乗り切る」など精神論に終始した。具体的な対応、スケジュール、そのための決意を聞きたかった国民は唖然だった……。」(日刊ゲンダイ平成23年3月15日(14日発行)2面)


 

地震を延命に利用する首相の視察パフォーマンス

 スッカラ菅首相は、この未曽有の危機さえも支持率アップの材料にしようと考えているのだから許しがたい。

 12日朝のヘリコプターを使った現地視察も、首相が突然言い出して決まったという。しかし菅の視察が、現場の作業を遅らせる一因になったというのだから、とんでもない話だ。

 「福島第1原発の1号機は、すでに圧力上昇を抑えるために空気を放出しなければならない状態でした。しかし、菅首相が来たので現場は対応に追われ、空気の放出作業を遅らせたというのです。その結果、爆発したのだから最悪です」(霞が関関係者)

 与野党党首会談も、菅のパフォーマンス以外の何ものでもない。会談が設定されたのは、原発1号機が高温となり危機的な状況の真っただ中。それなのに菅は与野党党首に「原発は大丈夫」と繰り返していた。

 2度行った記者会見もひどい内容だった。現地では、まだ人命救出が最優先で行われている時なのに、スッカラ菅首相は、「あの時の苦難を乗り越えて、こうした日本が生まれたと言えるよう頑張っていただきたい」と自己陶酔していた。

 揚げ句の果てには、蓮舫を節電啓発担当大臣に、辻元清美をボランティア担当の首相補佐官に任命。いつもの広告塔戦略である。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。

 「この危機でも『お友だち人事』なのかと呆れました。民主党内には官邸を経験した松井孝治氏や古川元久氏もいるし、与野党会談で協力を呼びかけるなら、阪神大震災や中越地震を経験した自公に助言を求めてもいい。今、必要なのは広告塔ではなく実践力です。自分に酔っているような記者会見もそうですが、危機管理は瞬間的にその人のホンネや性格が出る。菅さんの人間性がハッキリしました」

 この男の卑しさは、どうにもならない。」(日刊ゲンダイ平成23年3月15日(14日発行)3面」


無能な菅直人ですから諦めているとはいえ、菅直人は、自己陶酔したかのように精神論を鼓舞しており、ほとほと疲れます。いま被災地が必要としているのは、精神論ではなく、もちろん広告塔でもありません。いかにして人命を救うか、いかにして飲食を確保するか、いかにして住居を確保するかという、効果的で具体的な救済策なのです。一人で勝手に自己陶酔している菅直人は、声さえもききたくありません。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
(2) 毎日新聞 2011年3月12日 東京朝刊1面

地震:東北で巨大地震 大津波、死者・不明多数 M8.8、国内空前

 ◇宮城震度7

 11日午後2時46分ごろ、東北地方で非常に強い地震があり、宮城県栗原市で震度7、仙台市や宇都宮市で6強、東京都心でも5強など、北海道から九州の広い範囲で震度6弱~1の揺れを記録した。気象庁によると、震源地は宮城県・牡鹿半島の東南東約130キロで、震源の深さは約24キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は国内の観測史上最大の8・8と推定される。津波は福島県・相馬港で7メートル以上を観測するなど、全国の太平洋側のほぼ全域に襲来、最大で10メートル以上に達したとみられる。死者は数百人に上る可能性がある。気象庁は「三陸沖でこれほどの地震が起きるとは想定外だった」と説明している。

 政府は緊急災害対策本部を設置し、自衛隊などの派遣を決定。菅直人首相は記者会見し「政府として総力を挙げて取り組んでいく」と表明した。気象庁は「平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震」と命名した。

 余震も相次ぎ、午後3時15分ごろに茨城県沖でM7・4の地震が発生し同県鉾田市で震度6弱、北海道から九州南部で震度5強~1を観測。有感の余震は12日午前0時現在、100回を超えた。

 気象庁によると、12日午前0時現在、各地で観測された津波は岩手県釜石市沖6・8メートルなどだが、観測機器の故障で最大の津波が観測できていない可能性が高い。

 気象庁の横山博文・地震津波監視課長は記者会見し、「震度6弱程度の余震が1週間以上続くとみられる。津波も警報解除までに1日程度はかかる可能性がある」と警戒を続けるよう呼びかけた。

 ◇仙台沿岸300人遺体 気仙沼市内全域で火災

 毎日新聞のまとめによると、12日午前0時半現在で、死者は少なくとも138人、行方不明者は531人に上る。重軽傷者は627人。都県別の死者は岩手57人▽福島42人▽宮城20人▽茨城、千葉5人▽東京4人▽青森2人▽神奈川、栃木、群馬1人。福島県内の消防によると、津波によって沿岸部の住宅密集地で約300人が安否不明になっているという。宮城県警によると、仙台市若林区荒浜で200~300人の水死体が見つかった。名取市消防本部によると、市内の沿岸部でも遺体が見つかっている。

 宮城県気仙沼市などによると、市内では午後6時半ごろから火災が発生し市内全域に延焼。JR気仙沼駅と島部の大島地区で火災の規模が大きいとの連絡があり、陸上自衛隊員を派遣している。岩手県災害対策本部などによると、大船渡市三陸町の福祉施設「三陸の園」では30人が流された。宮城県石巻市では住宅10棟が流された。

 茨城県鉾田市と行方市を結ぶ国道354号の鹿行大橋は津波で倒壊し、走行中の乗用車が川に転落した。

 福島県南相馬市では老人ホーム1棟が倒壊した。職員と入所者計約200人のうち多数ががれきの下敷きになり、十数人が生き埋めになった。同県・白河では土砂崩れが起き、5世帯8人が生き埋め。仙台市内では4人が生き埋めになった。

 ◇原子炉圧力上昇--福島第1

 東京電力によると、今回の地震の影響で、福島第1原発1号機の原子炉圧力が上昇していることが分かった。原因を調べている。

 炉内の圧力が高まると格納容器が損傷を受ける。このため、同社は炉内の圧力を外部に逃がす操作の実施を検討している。

 実施すると、放射性物質が外部に出る恐れがある。

【関連記事】
地震:市街地は水没 各地壊滅
地震:長野・栄で震度6弱=午前4時32分
地震:長野・栄で震度6強=午前3時59分
地震:東北地方で強い揺れ 宮城栗原市で震度7
地震:東北で巨大地震 死者数百人か

毎日新聞 2011年3月12日 東京朝刊」



(3) 東京新聞平成23年3月12日付朝刊

東北・関東大地震 仙台で10メートル津波 首都圏の機能マヒ
2011年3月12日 朝刊

 首都圏では茨城、栃木両県で最大震度6強を観測し、十一日午後十一時五十分現在の本紙のまとめでは、崩落した建物の下敷きになったり、津波に巻き込まれたりするなどして一都六県で十六人が死亡、十一人が行方不明、四百七十人以上がけがをした。停電や断水が大規模に発生。一時、JRや私鉄、地下鉄が全面的に運転を中止し、高速道路も全面通行止め、羽田、成田の両空港も全面閉鎖した。

 夜にかけて一部が復旧したが、首都圏の交通はほぼマヒ。関東周辺の主要駅に約二万五千人が一時足止めされた。

 各都県や警察庁などのまとめでは、死亡は千葉で五人、東京、茨城で各四人、神奈川、栃木、群馬で各一人が確認された。行方不明は茨城で六人、千葉で三人、栃木で二人で、津波に巻き込まれるなどした。建物は七百十戸以上が全半壊したり、一部が損壊したりした。

 津波は、茨城県大洗で午後四時五十二分に四・二メートル、千葉県銚子で同三時三十七分に二・二メートルを記録。茨城県ひたちなか市では、海岸から二百五十メートル内陸の県立海洋高校が水没し、沿岸線が液状化状態になっている。

 茨城県東海村の常陸那珂火力発電所では、周辺道路の多数の車両火災のため、従業員ら約六百人が敷地内に取り残されている。

 東京都千代田区の九段会館では天井が崩落し、五十代の女性二人が死亡、約三十人がけがをした。茨城県高萩市では接骨院が倒壊、三人が下敷きとなり、女性(86)が死亡。千葉県山武市では男性(80)が津波に巻き込まれ死亡し、旭市でも高齢女性が屋外で水死しているのが見つかった。

 千葉県市原市のコスモ石油千葉製油所で大規模な火災が発生。一人が全身やけどで重傷となり、消火活動が依然続いている。

 栃木県下野市の国分寺中学では、体育館の天井から石こうの板がはがれ落ち、館内の生徒二十六人が頭などに軽傷。

 茨城県内では家屋の八割以上が停電した。県内の原子力施設では、原子炉二基が安全に自動停止。十七事業所で異常がないことを確認した。

 羽田空港は午後四時過ぎに復旧、成田空港は同七時半に出発便に限って再開した。夜に入り、鉄道は東京駅発の東海道新幹線が本数を減らして運行し、京王や東急など私鉄、地下鉄の一部も再開された。」





2.東北・関東大地震は、福島第一原子力発電所にも影響を与えており、原子炉内の冷却機能が失われた結果、1号機、3号機と次々と爆発を起こしています。

(1) 毎日新聞 2011年3月13日 東京朝刊1面

東日本大震災:福島原発で爆発 国内初の炉心溶融 半径20キロ避難指示

 ◇「第1」1号機

 国内観測史上最大のマグニチュード(M)8・8の東日本大震災に見舞われた東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋(たてや)で12日午後3時36分ごろ、爆発音とともに白煙が上がり、建屋の壁と天井部分が失われた。この事故で東電社員ら4人が負傷、敷地では通常と異なる放射線量が検出された。同日午前には1号機から放射性物質の漏えいが確認され、さらに国内初の炉心溶融も発覚した。巨大地震に遭った原発で、未曽有の事態が次々と発生した。地震大国で最も恐れられる「原発震災」。同日夜、炉心溶融を食い止めるため海水が炉心に注入されたが、純水の代わりに塩分を含んだ海水を使うため施設への打撃は大きく、廃炉の可能性もある。

 ◇官房長官「格納容器損傷なし」

 今回の事態を踏まえ、周辺の住民は、福島第1原発から半径20キロ圏、福島第2原発から半径10キロ圏からの避難を求められた。該当する市町村は富岡町、大熊町、双葉町、広野町、楢葉町、浪江町、田村市、南相馬市、葛尾村、川内村で、約2万5000世帯の約7万人が住んでいる。

 福島第1原発1号機では、原子炉を覆う鋼鉄製の格納容器は鉄筋コンクリートでできた原子炉建屋内にある。

 爆発の原因について、経済産業省原子力安全・保安院は「炉心で発生した水素が格納容器の配管から漏れ出て、水素爆発を起こした」との見方を示した。その結果、建屋は壊れたが、格納容器は損傷していないという。

 放射性物質は大量には漏れ出ていない。放射性物質を測定するモニタリングデータによると、爆発直前の放射線量は1015マイクロシーベルトで、これは1年間に一般人が浴びる許容量を1時間で超える値だった。だが爆発後は、午後3時40分で860マイクロシーベルト、同6時58分で70・5マイクロシーベルトと減少。保安院は「炉心溶融が進行しているとは考えていない」との見方を示した。枝野幸男官房長官は「格納容器は破損していない。冷静に対応してほしい」としている。

 一方、今回の爆発は、炉心の水位が低下、燃料棒が露出して起きる炉心溶融によって、燃料棒が高熱になったことでもたらされた。海江田万里・経済産業相は東京電力に1号機の原子炉を海水で満たすよう指示。東電は午後8時20分に着手した。純水ではなく塩分を含む海水を原子炉に使うと、さびやすくなることなどが理由となって廃炉になる可能性も出てくる。また、万が一、再臨界が起きるのを防ぐため、中性子を吸収して核分裂反応を抑えるホウ酸を用いた。

 これに対し、東電の小森明生常務(原子力・立地副本部長)は12日夜の記者会見で「通常と異なる過程で原子炉建屋の上方が開放された。言葉として爆発だった」と認めたが、原因については「会社として水素爆発だったと言えるだけの議論はしていない」と述べるにとどめた。

==============

 ■ことば

 ◇福島第1原発


 東京電力初の原発として計画され、1号機が1971年3月、営業運転を始めた。福島県大熊町と双葉町にまたがる約350万平方メートルの敷地に、現在6基の原子炉が稼働する。燃料の核分裂反応によって生じた熱で水を沸騰させ、そこから生じた高温の蒸気でタービンを回して発電する「沸騰水型原子炉」で、総発電量は約470万キロワット。1号機は今年、営業運転開始からちょうど40年を迎える「高経年化原発」だ。

 ◇炉心溶融

 原子炉内の温度が上がりすぎ、冷却機能が失われた結果、燃料が融解、破損すること。想定される事故では最悪の事象で、重大な原子力事故につながる危険がある。米国では1979年のスリーマイル島原発事故で大規模な炉心溶融が発生した。

【関連記事】
社説:東日本大震災 原発制御に全力尽くせ
東日本大震災:政府 激甚災害指定の政令を閣議決定
東日本大震災:中国のネット 日本人の対応「冷静」と絶賛
東日本大震災:死亡し身元が判明した皆さん
東日本大震災:死者・不明1700人超=12日午後11時

毎日新聞 2011年3月13日 東京朝刊」



(2) 毎日新聞 2011年3月14日 東京夕刊

東日本大震災:福島第1原発また爆発 3号機、建屋吹き飛ぶ 6人けが

 ◇住民屋内退避指示

 東日本大震災の被災地では14日も、被災者の救出作業が続いている。毎日新聞のまとめでは、14日正午現在、死者は2900人超に上り、行方不明は2万人。東京電力福島第1原発3号機では午前11時ごろ、1号機と同様の水素爆発が発生し、6人がけがをした。東京電力が実施すると発表していた計画停電は、供給能力が想定より増えたことや需要が低く抑えられたなどの理由で、午後0時半現在実施されていない。ただ、東電の説明が途中で変更されるなど、対応は混乱している。

 経済産業省原子力安全・保安院は14日、東日本大震災で緊急停止した東京電力福島第1原発3号機で午前11時1分、1号機と同様に水素爆発が起きたと発表した。原子炉建屋(たてや)の上部外壁が吹き飛んだとみられる。東電によると、社員4人、協力会社2人の計6人がけがをした。いずれも意識はあるという。保安院によると、原子炉内の水位低下で露出した燃料棒が過熱して溶け、大量の水素が発生し、空気中の酸素が反応するなどして爆発したとみられる。現場には西ないし南西から風が吹いている。原発の半径20キロ以内には住民約500人が病院などに残っているとみられる。被ばくを避けるため、保安院は屋内退避を呼び掛けた。

 東電によると、爆発後の午前11時44分、第1原発正門で、1時間あたり20マイクロシーベルトの放射線量が計測された。枝野幸男官房長官は爆発後に記者会見し、「現地の(原発)所長と直接電話で話をしたが、(原子炉のある)格納容器は健全という認識で、放射性物質が大量に飛び散っている可能性は低い。注水は継続され、圧力も一定の範囲内にある」と格納容器に異常はないとの認識を示した。

 保安院によると、原子炉格納容器の圧力は14日午前5時ごろ、365キロパスカルアブソルート(耐圧の単位)だったが、同6時50分に530まで高まった。地震後最高値で、設計上の最高圧力をわずかに超過した。保安院は「設計値には余裕があり、直ちに爆発の危険はない」と説明。その後、圧力も約500に下がったとしていた。一方で、建屋内の水素圧力も高まったため壁の一部を外す検討を始め、作業員を一時退避させていた。

 3号機の燃料は上部約2メートルが冷却水から露出し、燃料棒が溶ける「炉心溶融」が続いたとみられ、注水の方法に問題があったことが危機的な状況を招いたという。【山田大輔】

【関連記事】
東日本大震災:ロシアから救助隊75人、今夕にも
東日本大震災:鉄道会社も困惑…計画停電
東日本大震災:東北電力も計画停電へ
東日本大震災:韓国が救助隊員102人追加派遣
東日本大震災:計画停電 第4グループも開始せず

毎日新聞 2011年3月14日 東京夕刊」



(3) asahi.com:2011年3月14日13時22分

福島第一原発3号機で水素爆発 屋内待避呼びかけ
2011年3月14日13時22分

 東日本大震災で被害を受けた東京電力の福島第一原子力発電所(福島県大熊町)の3号機で14日午前11時ごろ、大きな爆発が起きた。経済産業省原子力安全・保安院によると、水素爆発が起きたことを確認した。保安院は、原子炉が入っている圧力容器、それを覆う鋼鉄製の格納容器のいずれも、損傷した可能性は低いとみている。保安院は、20キロ圏内にいる住民に建物内に避難するよう要請した。東電によると、少なくとも11人が負傷しているという。

 今回の爆発は、12日に1号機で建屋が吹き飛んだ爆発と同種とみられる。枝野幸男官房長官は14日午後0時40分からの記者会見で「格納容器の健全性は維持されていると思われる」とした上で、周辺の放射線量のデータに大きな変化は確認されておらず、「放射性物質が大量に飛び散っている可能性は低い」と述べた。

 同原発で運転中だった1~3号機は地震後、原子炉を冷やす緊急炉心冷却システムが停止。3号機では、炉内の圧力や水位が不安定な状態が続き、燃料棒が一時露出するなどして爆発をしやすい水素が発生していたとみられる。13日午後からは、炉内に海水を注入して冷却を試みていたが、その最中に爆発は起きた。

 12日に1号機で起きた爆発では、損壊は原子炉建屋にとどまり、格納容器と圧力容器に異常は確認されていない。保安院は、今回の爆発も原子炉建屋にとどまっているとみている。

 保安院によると、20キロ圏には、少なくとも約600人の住民がいるとみており、屋内への避難を要請した。

 東電によると、圧力容器、格納容器とも壊れていないことを確認しているという。周辺で中性子線は確認されていないとしている。

 原子炉は、内側から圧力容器、格納容器、原子炉建屋の「壁」で守られている。ただ、圧力容器や、格納容器が壊れると、チェルノブイリ事故に匹敵する重大事故となる。」




3.東北での被害とは比べものにはならないのですが、今回、関東に住む立場としては、同じく被害を受けた立場であり、こうした被害の事実に対しては、何か論評する気にはなれません。日々、余震が続いており、朝起きた時、何か船酔いした気分です。ですので、記事を記録として引用しておくにとどめたいと思います。ただ、制御しきれずに原子力発電所の爆発が生じてしまったことからすれば、地震国日本では原子力発電所は無理なのだろうと漠然と感じます。

今回の大地震により、被災地は表現しえないほどの悲惨な結果をもたらしています。3月14日現在で警察庁の発表によると地震による死者は4000人を超えています。しかも報道によると安否が分からない人は2万人を超えています。今現在、多様な救いの道を必要としているのです。

こうした状況に対して必要としているのが政府の対応です。しかしながら、菅直人は、連日、記者会見していましたが、一体、何をしたいのでしょうか?

 「今回の地震で、呆れあきれ返ったのが政府の対応の遅さだ。菅首相が国民向けメッセージを発したのは発生から30時間以上たった12日の夜8時半すぎ。昨夜もTVで国民に節電を訴えたが、いずれも質疑応答はなく、「国民の力で乗り切る」など精神論に終始した。具体的な対応、スケジュール、そのための決意を聞きたかった国民は唖然だった……。」(日刊ゲンダイ平成23年3月15日(14日発行)2面)


 

地震を延命に利用する首相の視察パフォーマンス

 スッカラ菅首相は、この未曽有の危機さえも支持率アップの材料にしようと考えているのだから許しがたい。

 12日朝のヘリコプターを使った現地視察も、首相が突然言い出して決まったという。しかし菅の視察が、現場の作業を遅らせる一因になったというのだから、とんでもない話だ。

 「福島第1原発の1号機は、すでに圧力上昇を抑えるために空気を放出しなければならない状態でした。しかし、菅首相が来たので現場は対応に追われ、空気の放出作業を遅らせたというのです。その結果、爆発したのだから最悪です」(霞が関関係者)

 与野党党首会談も、菅のパフォーマンス以外の何ものでもない。会談が設定されたのは、原発1号機が高温となり危機的な状況の真っただ中。それなのに菅は与野党党首に「原発は大丈夫」と繰り返していた。

 2度行った記者会見もひどい内容だった。現地では、まだ人命救出が最優先で行われている時なのに、スッカラ菅首相は、「あの時の苦難を乗り越えて、こうした日本が生まれたと言えるよう頑張っていただきたい」と自己陶酔していた。

 揚げ句の果てには、蓮舫を節電啓発担当大臣に、辻元清美をボランティア担当の首相補佐官に任命。いつもの広告塔戦略である。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。

 「この危機でも『お友だち人事』なのかと呆れました。民主党内には官邸を経験した松井孝治氏や古川元久氏もいるし、与野党会談で協力を呼びかけるなら、阪神大震災や中越地震を経験した自公に助言を求めてもいい。今、必要なのは広告塔ではなく実践力です。自分に酔っているような記者会見もそうですが、危機管理は瞬間的にその人のホンネや性格が出る。菅さんの人間性がハッキリしました」

 この男の卑しさは、どうにもならない。」(日刊ゲンダイ平成23年3月15日(14日発行)3面」


無能な菅直人ですから諦めているとはいえ、菅直人は、自己陶酔したかのように精神論を鼓舞しており、ほとほと疲れます。いま被災地が必要としているのは、精神論ではなく、もちろん広告塔でもありません。いかにして人命を救うか、いかにして飲食を確保するか、いかにして住居を確保するかという、効果的で具体的な救済策なのです。一人で勝手に自己陶酔している菅直人は、声さえもききたくありません。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2011/03/14 22:57】 | 論評
トラックバック(1) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/29(Sat) 03:00 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/14(Fri) 07:06 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/15(Sat) 01:30 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/11(Mon) 15:55 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/20(Wed) 13:00 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/10(Fri) 07:13 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/31(Thu) 11:11 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/06(Wed) 18:34 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/12(Tue) 18:32 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/03(Wed) 19:52 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Because It's There 東日本大震災が発生~M9.0で記録が残る ... 速報・小沢が強制起訴に~第5検審が、2度めの起訴相当の議決を (10/06) · 来栖宥子★午後のアダージォ:細野豪志は、小沢一郎伝授の「中国パイプ」を活かし「フジタ」社員3人を救出、「政...
2011/03/15(Tue) 11:47:29 |  素晴らしい日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。